○防犯対策は??・・・

 近年、タクシー乗務員が被害者となる強盗や殺人事件などがニュースで流れる事があります。

 当社では全車に防犯板、ドライブレコーダーが設置されていますので、防犯効果があります。防犯板に関しては任意で助手席側にも設置し、万一に備える事も可能。ドライブレコーダーは車内外の映像を記録していますので、犯罪の抑止力になります。
 また、緊急スイッチを押すことにより無線センターへ車両の危険を知らせる事が出来る為、警察への通報も速やかに行え迅速に対応する事が可能です。
戻る / TOP /
○事故が不安・・・

 乗務中に事故を起こしてしまったら??

 誰もが事故を起こしたくて事故をする人は居ませんが、車を運転する以上、事故に巻き込まれる可能性がないわけではありません。
 事故を起こさない保証はありませんが、当社では任意保険を全車両に掛けていますので、万が一の事故でも安心です。「相手を怪我させてしまった」「相手の車にぶつけてしまった」等、相手への賠償や事故後の処理は全て任意保険が行いますので、相手への交渉や高額な賠償請求が来る事は一切ありませんが免許の行政処分は別になりますので、事故を起こさないに越したことはありません。
 また、事故を未然に防ぐために、安全マネジメント活動や月1の集合教育などにも取り入れ事故防止を図っています。
○体力が持つかな?勤務体系がが不安・・・

 タクシーの勤務体系というと隔日勤務体系と言われる早朝〜翌朝までの通し勤務が思い浮かぶと思います。
 この隔日勤務は早朝〜翌朝まで、長時間運転しなければならず、非常に不効率で、疲労や集中力の乱れによる事故のリスクが大きくなります。
 
 当社では隔日勤務体系を廃止し、昼勤・夜勤の2交代制によるシフトで、勤務時間も9時間(休憩70分)ですので、疲労や集中力の乱れによる売上げの不効率や事故のリスクを軽減しています。

 
タクシーの不安

東日本タクシー株式会社

BLUE RIBBON

 
 安全・快適・迅速と丁寧な接客をモットーに営業しております。